私の住む熊本で家を建てるとした場合、予算はどのくらいなのか。
熊本県民の平均年収から見てそのくらいのものなのか。
調査してみました。

⬛熊本県の平均年収
394万7100円
※因みに都道府県ランキング 38位

平均月収:27万7200円
平均賞与(ボーナス):62万700円
平均年齢:42.7歳
平均勤続年数:10.9年
(年収ガイド参照)

家賃の金額は手取り月収の3割が妥当と言われています。
上記の平均年収で返済期間30年とした場合・・・

277,200円×30%=83,160円
83,160円×12ヶ月×30年=29,937,600円

結果・・・・
30,000,000円くらいの家が妥当となります。
※ 今回は金利は考えずに進めます!

熊本市内の一等地・・とはいかず、中央区を外した他4区ですと・・平均坪単価200,000円くらい。理想の50坪で10,000,000円くらいでしょうか。

先に挙げた家全体にかけられる妥当な平均予算からいくと、家の代金はおおよそ17,000,000円~20,000,000円が妥当と言えます。
そうなってくると、有名所のハウスメーカーにお願いすることは少々難しいような気がします。大和ハウスや積水ハウス等の大手ハウスメーカーの場合、平均坪単価800,000円程でしょうか。
そうなると30坪としても・・・24,000,000円となり大幅に予算オーバー。

家づくりの鉄則として挙げられる1つ。「背伸びしすぎない事」。
人生の中で最も大きな買い物となる我が家。
こだわりを持ち、少し背伸びしたい気持ちも分かるが、ローンを払い続ける後々の事を考えると、やはり背伸びは厳禁です。

大手ハウスメーカーはどうしても単価が高くなってしまいます。
そこで気になるのが工務店・ハウスビルダー。
坪単価500,000~600,000円で建てることのできるおすすめの会社を挙げてみましょう。

⬛株式会社LibWork(リブワーク)※旧エスケーホーム
⬛セイカホーム

この2社の中でも知名度が高く、施工数が多いのは株式会社LibWork(リブワーク)と言えるのではないでしょうか。
なかでも、熊本地震以降に耐震性の強さ等から注目を浴び人気となった「平屋住宅」へ力を入れているようです。

▼株式会社LibWork(リブワーク)
https://www.libwork.co.jp/

LibWork(リブワーク)の平屋住宅ナビ
http://hiraya-navi.net/

施工依頼をした多くの人たちから高評価を得ており、私の周りでの満足度も高い会社の一つです。何よりも味気ないと思われがちだった平屋住宅が自由設計でとてもおしゃれに建てることができ、子育て世代にもとても人気だそう。

不動産・住宅専門サイトSUUMOでも工務店はいくつか紹介されています。
https://suumo.jp/chumon/tn_kumamoto/ITn02.html

熊本の工務店でも結構な数があり、施工例等からみてもハウスメーカーに引けを取っていないのがよく分かります。
それでも大手ハウスメーカーにこだわり頭を抱える人がいれば、今一度よく考えて欲しいと思います。

大手ハウスメーカーにこだわる理由が何なのか。
自分の求める理想の家を現実的に考え、施工会社を選ぶことが重要であることを。