自分の家をことは建てるという事は、一生で一番の高額な買い物だと言われます。
誰もが人生最大の買い物、自分の家を建てる時に自ら住宅会社を選ぶことは「人生最大の選択」となるのではないでしょうか。

「人生最大の選択」この言葉は大げさでも脅し文句でもありません。実際、家を立てた人で住宅会社選びを失敗し、憧れのマイホームが「こんなはずじゃなかった・・・」と、晴れ舞台のはずが悲しい結末に変わってしまった・・・ということを耳にするのも珍しい事ではありません。この依頼先選びが家づくりの最大のカギとなります。
家づくりを始めるにあたり大切なのは、まず自分たちの希望をはっきり決めておくこと。そして依頼先についての情報を集め特徴を理解しておくこと。

そこで、後悔しない「住宅会社の選び方」のコツを少しだけ紹介します。
今回は注文住宅をメインに考えて・・・

①計画性を重視する住宅会社を選ぶということ

どのシーンでも物事を進めるにあたり「計画性」というのはとても大事です。
人生で一番の高額な買い物である「注文住宅を建てる」時にも、この「計画性」というものがとても重要になります。

自分の思い通りのオーダーメイドの家を建てる「注文住宅」には「家族の思い・希望」の数だけ、たくさんの注文が発生します。そして、その注文に沿った「計画性」が必要となります。
どこの会社でも勿論「計画性」を持って取り組まれると思います。・・・が、「人生最大の選択」をする時、ただ「計画性」を持つという事だけでなく、「計画性を持って、いかに計画通りに進めることができるのか。その力を備えているのか。」を見極める事が重要です。

利益だけを求め「売ること」だけを追求した住宅会社では、こちらの要望を十分に聞くこともせず、安易なおおよその計画だけで施工開始・・となってしまう例がネット上にも多数挙がっています。これでは後々のトラブルの原因となるだけです。

依頼する私たちには十分に話し、希望や意見を伝え、計画性を持って取り組んでもらう権利があります。「人生で一番の高額な買い物」をする時に、こちらの希望や意見を聞いてくれない会社なんて言語道断です。しっかり意見や希望を聞き、「計画性」についても話せる住宅会社を選ぶことが大事なのです。

②住宅見学会に参加しよう

住宅会社には依頼主に許可を得て、入居前の住宅見学会を開催している会社があります。
こういう会社は自社の建てた家に対して「自信」があり「責任」を持っていると考えて良いのではないでしょうか。また、依頼する側としてもその住宅会社を知るための非常に良い機会となります。

是非見学会へ行きましょう!
もちろん見学会にただ参加するだけでは勿体無いので、見学会でのやるべきことを書きます。

必ず質問をしましょう

現地では気になったことはどんな些細なことでも質問するようにしましょう。
質問対してきっちり即答できる住宅会社は細部にまで責任を持って建てているという指標にもなります。
「こんな事聞いても良いのかな・・・」そう思われた場合でも是非声に出して質問してください。難しい質問であればあるほど、その会社の対応を知るための良い指標にもなると思います。

住宅の個性を見つけましょう

見学会では住宅の個性を見つけましょう。
初めて目にする棚や間仕切り、扉や天井など自分で見つけられる範囲内で構わないのです。
注文住宅の個性の多くは、先に話した依頼主の「希望や思い」に対しての、住宅会社からの「計画性への結果」なのです。個性の多い家というのは住宅会社と依頼主の距離が近いという証拠なのです。その点を考えると、注文住宅を建てるのであれば、必ず個性を見つけ、住宅会社の努力がどれ程のものなのかチェックする!というのが重要なのです。

今回は大きくこの2点を挙げましたが、基本この2点がきちんとカバーされている住宅会社なら「注文住宅」を建てるにあたり、後々トラブルになり後悔する事はないと思います。

今回は大きくこの2点を挙げましたが、基本この2点がきちんとカバーされている住宅会社なら「注文住宅」を建てるにあたり、後々トラブルになり後悔する事はないと思います。

依頼する側も建てる側も所詮は人と人。
どれだけの対話ができ、真摯に向き合ってもらえるか。ここが重要なのです。